ダイソンV8とV6を比較

    吸引力だけではない、ダイソンV8シリーズからは以前のV6より使用時間が2倍になったので、掃除途中で充電する必要がなくなった。



    ダイソンのV8は、V6と比較して、強い吸引力+長い使用時間を実現





    v6よりも吸引力がすごい

    ダイソンのV8コードレスは吸引力が、前のバージョンのV6よりも15パーセントも上がりさらに強力になりました。



    吸引力が高くなれば、たかくなるほど、普通の掃除機では吸い込めない物も吸い込むことができ、また同じところを何度も往復して掃除機掛けをする必要がなくなるということです。



    結果掃除の時間を短縮することができます。



    また往復で何度も掃除機掛けをしていると腕や腰が疲れてくるので、この疲れを減らすことができます。



    よりササッと簡単に掃除ができるというわけです。



    吸引力が15パーセントアップと聞くと、そんなに上がってないと思う方もいるかもしれません。


    でも元々吸引力が高いことで有名なダイソンのコードレスが、そこからさらに15パーセントもあがったと考えればすごいことだと思います。





    使用時間が増えたV8

    ダイソンV8の最も優れた点は、V6より使用時間が2倍に上がったこと



    使用時間が通常状態で40分に上がりました。



    前のV6シリーズは20分の使用時間だったので、倍の時間を掃除機掛けすることができるようになったということです。前のバージョンから比べて、一気に2倍も良くなるなんて、すごい進化だと思います。



    他のメーカーのコードレス掃除機と比較してみました。


    アイリスオーヤマの充電式スティッククリーナーが同じ40分

    マキタのCL142FDRFW も40分

    パナソニックの充電式掃除機 MC-BU110Jが30分


    と他メーカーのコードレスと比較しても負けないくらいの使用時間になっています。



    ダイソンの吸引力を考慮に入れてのこの使用時間ですからすごいですね。



    家の中の部屋数が多い方や、念入りに時間をかけてじっくりと掃除がしたい方にお勧めです。家中すべての掃除が終わっても電池が残っていたら車内の掃除もできてしまいます。



    同じダイソンメーカーでキャニスター型がありますが、キャニスター型とコードレス型を比較すると、キャニスター型のメリットは、コードを電源にさしているので、いくらでも掃除ができるところです。


    デメリットは、コードが邪魔であることと、範囲が限られていること、それとひきずりながら動かさなければいけないところです。


    ダイソンV8になってV6と比べると、使用時間が大幅に改善されたことでキャニスター型のデメリットをうけない、欲張りな掃除機が生まれたと思いました。




    運転音が小さくなったV8

    ダイソンV8になって作業中の運転音がさらに小さくなった



    吸引力が増したので、モーター音などがさらに大きくなってうるさくなっているのでは?という疑問を持つ方もいると思います。


    ですがダイソンV8コードレスはV6と比較して、さらに50パーセントも運転音が小さくなっています。



    理由は、吸音機能のある部品を4つも使っているからです。ダイソンのような優れたモーターの唯一のデメリットの音の大きさが改善されたことによって、スキのない完璧な掃除機にまた近づいたと思いました。




    V8とV6を比べると、どちらが軽量かというと実はV6の方


    v8フラフィが本体約2.6㎏に対して、v6フラフィは約2.3㎏と300グラムほどの差ですが。V6のほうが軽いです。


    軽量であるということは、軽い分だけ持っていて、掃除をしていて疲れにくいということ。



    体力に自信のない方にとっては、実は大事なポイントかもしれません。



    価格を比較、V8とV6

    ダイソンV8シリーズとV6シリーズの価格を比較


    V8とV6の価格は、どのくらいの差があるのか、ネットショップを調べてみました。



    左からV8フラフィ、アニマルプロ、アブソリュートです。




    次にV6フラフィ、アニマルプロ、モーターヘッドです。




    ハンディのトリガー




    フラフィとアニマルプロを新旧で比べてみると、1万円以上の差があります。



    ハンディタイプのトリガーはスティックがない分、2万円台で購入することができます。安いです。


    部屋全体用の掃除機ではなく、布団だけ、ソファだけなど部分用にダイソンを使いたい方は、ハンディタイプにすることによって、コストを大幅に下げ、激安で購入することができます。



    V6には、フラフィでもアニマルプロでもないモーターヘッドというのもあり40,000円ほどとコスパがいいです。




    ちなみにダイソンアブソリュートというのは、フラフィとアニマルプロの両方のヘッドがついているので、掃除機掛けをするところによって、最適なヘッドに変えることができます。




    高い吸引力と使用時間がすごい

    ダイソンV8とV6の比較まとめ



    比較してわかったことは、一番良いコードレスクリーナーが価格に関係なくほしいという方に、V8は最適な掃除機です。

    高機能、妥当な価格の良いとこどりのコスパ重視の方にはV6の方が良いと思います。



    なるべく安く購入するのなら、V8の前のV6シリーズのノーマルのモーターヘッドやハンディのトリガーでも充分満足できる、ほかの掃除機よりも高い吸引力があります。



    V8ほど使用時間が長くなくても、そんなに時間をかけて掃除を普段していない。一回の掃除の時間は10分ちょっとという方はV6でも充分だと思います。



    今まで使っていたコードレスクリーナーに納得がいかず、より機能の良いコードレスクリーナーを求めていて、V8のさらに上がった吸引力と、40分の長い使用時間、さらに小さくなった運転音と、掃除途中の充電いらずの一番強力で便利な掃除機を使いたい方は、V8シリーズで決まりではないでしょうか。



    まとめ
    ・吸引力が15パーセントアップ
    ・使用時間が通常で40分も使えるので途中の充電いらず
    ・運転音もさらに小さく静音に


    強力な吸引力に加えて、長時間の使用時間になったダイソンV8を使って、一回の充電で家中のハウスダストをスッキリさせよう。

    ダイソン サイクロン式スティック&ハンディクリーナー (イエロー)【掃除機】dyson V8 fluffy フラフィ SV10FF





     
    関連記事

    ルンバ980とダイソン360Eyeのロボット掃除機の比較

    ロボット技術のルンバと吸引力で有名なダイソンの二つのロボット掃除機を調べて比較しました。



    ルンバ980とダイソン360Eyeはどちらが良いのか?


    ロボット掃除機の画像

    2015年に出たばかりのルンバ980ダイソン360Eye、どちらも10万円を超える高価な価格のロボット掃除機ですが、どのくらい機能が良いのか、掃除の効果があるのかを調べて比べて見ました。



    ルンバ980とダイソン360Eyeの吸引力と清掃能力を比較



    ルンバ980はルンバの700番台の10倍の吸引力があるといわれています。



    10倍っていうとすごい進化ですね。その秘密はハイパワーモーターG3というモーターを使っているからです。


    モーターが気流を生み出し真空状態を作り出し、チリを残らず吸い取るのだそうです。



    ダイソン360EyeはデジタルモーターV2というモーターを使っていて、これは毎分78,000回も回転する強力なモーターです。



    スティック型やハンディ型のダイソンに使っているモーターはデジタルモーターV6で、これはV2よりもっと回転するのですが、78,000回も回転すれば充分です。



    他の一般的な掃除機の4倍の吸引力があるといわれています。



    そのくらいの吸引力なのかは、ダイソンの掃除機のシリーズを見ればわかるとうりで、吸引力に関してはダイソンほど信頼性がある掃除機は無いと私は思います。



    またダイソン360Eyeはコードレスのスティックタイプの物と同じ、カーボンファイバーブラシとナイロンブラシを合体させたブラシを使っています。



    このブラシにより床のゴミやホコリに、カーペットなどの奥からゴミをかきだして取らなければいけない物もしっかり取り出してくれます。



    吸引力だけでなくブラシもすごいので、どちらかというとルンバ980よりもダイソン360Eyeの方が清掃機能は高いと思いました。



    フィルターの機能は、排気が悪いと掃除が台無し!



    ルンバ980が使用しているフィルターの、ダストカットフィルターは、1μmサイズの粒子を99%も除去するフィルターです。



    ダイソン360Eyeは、ラジアルルートサイクロンというサイクロン式で0.5μものとても小さい粒子までとらえる事ができます。



    数字で見るとダイソンの方がすごいですが、でもどちらも極小サイズの粒子までとらえるのにはかわらないので、花粉やPM2.5などハウスダストを吸引して、排気から出すという心配はなさそうですね。



    共通している機能1、落下防止機能と自動充電・再開機能


    ロボット掃除機の画像

    両社ともに落下防止機能が付いています。また電池が切れかけたら自動で充電してくれます。



    そして充電が終われば、自動でまた再開して残りの掃除をしてくれるという手間いらずの便利機能はダイソン360Eyeにもルンバ980にもあります。



    落下防止の機能は、今ではロボット掃除機の機能の中ではもう当たり前になっていますが、自動充電からの自動再開機能はまだ珍しく、大変便利なので、この機能があるのと無いのとでは全然掃除の効率が違います。



    つまり自動充電、自動再開機能があるという事は、出かける時にロボット掃除機の掃除を開始すれば、帰宅する時には必ず終わっているという事です。



    自動充電だけだと、家に帰ってから、残りの掃除分を仕切りなおして開始しなければいけないので、結局自分が家にいる時に掃除機掛けする事になります。



    共通している機能2スマホでも遠隔操作、設定が可能



    この両者のロボット掃除機は、スマホのアプリを使って操作する事ができます。



    ルンバの場合は、


    • 離れた所からの遠隔操作機能

    • 清掃モードの設定機能

    • 一週間の間のスケジュールの管理機能

    • ソフトウェアの自動アップデート

    • スケジュールの予約、管理

    • 製品ガイドにアクセス

    などができます。



    ダイソンのアプリを使用する場合は、


    • ルンバと同じく遠くから指示を出せる、遠隔操作機能

    • 作業状況の確認

    • ソフトウェアの自動アップデート

    • スケジュールの予約・管理

    • 製品ガイドにアクセス

    などができます。



    自動アップデートができると、常に最新の設定にすることができるので、ありがたく欠かすことができない機能だと思います。


    困ったときのサポートなどもスマホを使ってすぐに調べたりできるので、もしもどちらかのロボット掃除機を使う時は、是非アプリを手に入れて最大限に活用しましょう。



    充電時間と稼働時間の比較



    ルンバ980


    充電時間は約3時間


    稼働時間は最大120分



    ダイソン360Eye


    充電時間は2時間45分


    稼働時間は45分



    ダイソンの方が使用時間が短いですが、充電時間は、どちらもほとんど変わりません。


    稼働時間がルンバの方は2倍以上あります。



    広い部屋での使用や、家中をまとめて掃除するような時には、1回の稼働時間が長いルンバ980の方をお勧めします。



    ただし普通の大きさの部屋の場合は、どうせ自動で充電、再開してくれて、手間も掛かりませんのであまり稼働時間は気にしなくても良いと思います。



    ダイソン360Eyeとルンバ980の価格と保証期間の比較



    価格はどちらも10万円以上する高品質、高価格なロボット掃除機です。



    保証は、ルンバは1年間の無償保証、ダイソンは2年保証に入る事ができます。



    保証期間をもっと長くしたいのであれば、メーカーの保証に頼るよりもいい方法があります。



    メーカーの保証に頼るより、販売店の保証に頼ろう


    それは販売店の長期の保証に入る事です。



    例えばケーズデンキで購入すると5年間の無料保証が付いてきます。



    つまりルンバ980の保証は1年とか、だいそん360Eyeは2年とかはあまり比較する必要が無く、5年間の長期の保証で安心できてしまいます。




     
    関連記事